健康診断を行っている画像

高血圧という言葉はよく聞きますが、高血圧だからどうなるんだとか、高血圧気味と言われたけど実感ないという方も多いと思います。高血圧のことや影響を一緒に学んでいきましょう。

認定医が高血圧の患者に勧めるゴーヤ

高い知識を有しているとして、関係機関から認定を受けた認定医が、高血圧対策のために推奨しているのが、ゴーヤを食すことです。
ゴーヤには、豊富なビタミン類のみならず、食物から摂取するのが難しいミネラルも豊富に含まれています。
高血圧に効果的なゴーヤの摂取を認定医が勧めるのは、ゴーヤが育てられる環境にあります。
温暖な気候でのみ、育てることができる野菜なので、寒冷地はもちろん、ビニールハウスなどで簡易的に温暖な状況を作り出しても、完成形まで育てることはできません。
温暖な気候な上に海が近い環境でのみ、作ることができるのです。
つまり、ゴーヤには塩分が配合されていることになります。
高血圧の方が、塩分を摂取するということは、好ましくないと考えられがちですが、ゴーヤに配合されている塩分は、高血圧の症状を悪化させにくいと言われています。
そもそも、高血圧というのは血管が本来の太さよりも細くなっている状況です。
血管が太ければ、血流によって圧迫されることがないものの、血管が細いが故に圧迫され、高血圧になってしまうのです。
認定医が恐れているのは、血管が細くなることで突発性の病気に陥ってしまうということです。
通常よりも血管が細いということは、本来各部に供給される血液や栄養素の量が減少するということです。
そのため、脳に供給される血液と栄養が不足すると、集中力が途切れるという初期症状から始まり、最終的には突然意識を失うという可能性もあります。
こうした、突発性の症状を予防するためには、温暖な気候で栄養をしっかりと蓄えたゴーヤを、日頃から食卓に出すことが求められます。
認定医が運営するウェブサイトでは、ゴーヤのレシピも公開されています。